やさしさと力強さを併せ持つナポレオン

チーズ

ステイホーム週間が始まりました。新型コロナウイルスの影響で外出自粛要請や緊急事態宣言が発出されて時間が立ちますが、なかなか終息の目処が立っていませんね。

デパートの食品館も時短や土日休館などで対応されているところが多いです。

気候も気持ちの良い頃になってきて、美味しいものを探索しに行きたいところですが、今は我慢の時期です。

ネット通販などを活用して、自宅で美味しいものを探して愉しみましょう!

今日ご紹介するものは、セミハード系のチーズ「ナポレオン」です。

チーズの詳細

  • 名称:ナポレオン(Napoléon)
  • 産地:フランス・オクシタニー圏
  • 種類:セミハード
  • 原料:羊

ナポレオンとは

「ナポレオン」はフランス国家最優秀職人章(M.O.F)を持つチーズ職人のドミニク・ブッシェによって作られているチーズです。

ナポレオンという名前を聞くと、フランス革命期のナポレオン・ボナパルトを彷彿とさせますが、このチーズの名前の由来は、熟成庫から見える山の名前である「ネ・ド・ナポレオン」からきているようです。

生産地はフランスの南部オクシタニー圏というところで、スペインとの国境付近の自然豊かな環境です。

自然が豊富な土地で育った羊の乳から作られるナポレオンはとても豊かな味わいをもたらします。

ナポレオンの味わい

ナポレオンはセミハード系のチーズで、水分は多くないので、サイコロ状よりもスライサーなどを使って薄く切ると食べやすいです。

表皮は硬いので取り除いて白い中身を食べましょう!

ナポレオンは羊乳で作られているチーズですが、臭みはなく、とてもまろやかなミルクの香りが口の中を満たします。

ハード系ならではのしっかりと身の詰まった食感に対して、柔らかな羊乳の香りのコントラストがなんとも絶妙です。

少し集めにスライスしたナポレオンに、オレンジなどの柑橘系またはベリー系のジャムを乗せて食べても非常にマッチします。

今はインターネットでもチーズが購入できます。

美味しいチーズに美味しいお酒を用意して、自宅飲みを充実させましょう!